東北地方太平洋沖地震

2トンパッカー車を探しています。

宮城県石巻市環境課では、小型のゴミ収集車両を探しています。用途は離島(田代島、網地島)2島のゴミ収集用です。船で運び運用するため大型の物を乗せることができず困っています。2トンパッカー車をお持ちの行政機関がありましたら、ご連絡頂ければ幸いです。

鼓笛隊の中古ユニフォームを探しています。

宮城県石巻市立開北小学校、PTA会長からの依頼で、鼓笛隊の中古ユニフォームを探しています。今回の大震災で1階に置いてあった鼓笛隊ユニフォームが使え無くなりました。学校側としても何とか鼓笛隊を復活させ、子どもたちに喜んで貰うと考えて居ます。鼓笛隊のユニフォームを新調される小学校等で、中古の物をご提供頂ける学校がありましたらご提供頂ければ幸いです。

炊き出し活動停止のお知らせ。

3月19日より宮城県石巻市にて展開している炊き出し活動ですが5月7日をもって停止いたしました。停止理由としては、開北小学校付近の飲食店、スーパー等の営業再開、鹿妻団地周辺でのスーパー、移動販売車両等の営業再開等が有ります。

現状炊き出しを必要としている方々も多く、日々の配食数は増えていますが、この場所で、これ以上続ける事が本当の意味での現地復興に繋がるのか?と言う想いも多々あり、この結論に至りました。

石巻開北小以外で炊き出しを必要としている場所も多くありますが、NPO法人キャンパーとしては、長期間の炊き出し活動を行う為の事前準備を整え現地入りしている関係上、新たな場所を探しそこでまた長期間活動する法人としての体力も無く、物資補給ルート確保、そして活動を行って頂く人材確保等、他地域での活動は不可能だと判断した次第です。但し、今後大規模な余震が発生した場合を想定し、炊き出し機材、保存の利く食材等に関しては開北小学校にて預かって頂き、最悪の場合、何時でも活動再開出来る道筋は残しました。また、開北小学校長より9月11日開北祭りがあるので、そのお祭りに参加して欲しいとのご要望もあり、NPOキャンパーとして協力させて頂く事に致しましたので、炊き出し機材の完全撤退は、9月11日と致します。

次に、現在の炊き出し以外の下記活動は今後も継続いたします。
1:泥だしボランティアバス運行支援
2:現地雇用促進のためのキャンパー重機隊運行
3:ホワイトタウン(移動出来る簡易避難施設)構築支援

上記活動を行うために、私のトレも、ボラ宿泊用トレも暫く開北小に設置します。また、今後もホワイトタウン構築用として宿泊トレを集める事も致しますので皆様のご協力を御願い申し上げます。

1日1000食以上の配食数を50日間、約5万食以上の炊き出し活動を、多くの方々のご協力で何とか此処まで続けてこれました。ご支援頂いた皆様には感謝しても感謝しきれません、本当にありがとうございまました。

こどもの日のプレゼント

今日はこどもの日、私達も炊き出し場所で小さな鯉のぼりをあげたり、綿菓子を作ったり、お菓子を配ったりしています。そして、お世話になっている開北小学校の校庭に津波で押し流されてきた土砂を、チャーターしたグレーダーで一皮むいています。本当はもっとこどもの日のイベントをやりたかったのですが、5月6日から湊第二小学校の児童114名+教職員17名が開北小424名に合流するので、今日の作業がタイムリミットでした。明日から子供達が楽しく、安全に校庭で遊べるよう、こどもの日のプレゼントに成れば嬉しいです。

5月1日重機隊 ダンプ4台到着

行田ロータリークラブ稲垣幹事以下8名が重機隊用4トンダンプ4台を3ヶ月レンタルし投入してくれました。現在キャンパー重機隊は4tユニック1台、CAT超小旋回ミニ油圧ショベル3台、4tダンプ7台と成りました。キャンパー重機隊は石巻市の雇用促進の為に編成され、地元建設業者に無償で長期貸出を行います。石巻市環境課では、市内外建設業界に対し復興のため重機運用を有償にて委託しており、キャンパーより無償提供された重機の金額も含め環境課様よりお支払い頂けるご了解も頂いております。石巻市地元建設業者様におかれましては、なにとぞこの本趣旨をご理解頂き、一人でも多くの方を雇用頂き、ご協力頂けます事を御願い申し上げます。この趣旨にご賛同頂ける建設業者様は石巻市社会福祉協議会阿部様にご連絡頂き、ご協力を頂ければ幸いです。また、本趣旨にご賛同頂きご協力頂いているキャタピラージャパン様、行田ロータリークラブの皆さんありがとうございます。

5月1日フレコンバック搬入

石巻社協ボラセンにて大量に出るゴミを収納するための土嚢袋が足りなくなり、急遽フレコンバックを調達する事と成りました。そこで4月6日よりキャンパーで事前調達していた500kg1000袋を社協の要請により石巻市が購入する事となり、5月1日行田よりダンプカー2台にわけ、300袋を搬入いたしました。残りの700袋に関しては石巻市の指示で搬入日を確定する予定です。

5月1日開北小学校教室の清掃

5月6日から湊第二小学校の児童114名教職員17名が開北小学校にスクールバス、徒歩、車で登校してきます。それに先立ち3月末より鍵の掛かる食材庫としてお借りしていた教室をお返しする事となり、キャンパーメンバーの岩田さんのお嬢さん2名が綺麗に清掃してくれました。また、開北小学校災害対策本部として使用していた隣の教室も合わせ、裸足で雑巾掛けを行い床までピカピカにしてくれました。岩田さんちのお嬢さん、ありがとうございました。

4月29日ふじみ野市パッカー車&ボラバス支援、そして食材も

埼玉県ふじみ野市よりパッカー車3台が石巻市内でゴミ収集活動を行ってくれました。石巻市環境課とふじみ野市永田副市長が現場で打合せを行い、パッカー車部隊は石巻市環境課と共に市内清掃、ボラバス隊は開北小学校校舎より体育館に移動する被災者の引越作業をお手伝い頂き、使い終わった教室、廊下等綺麗に清掃し、最後には避難所に溜まっていた大量の生活ゴミをパッカー車で綺麗にしてくれました。また、キャンパーへの炊き出し支援物資として野菜、肉を大量にご提供頂くと共に、高畑ふじみ野市長より激励のメッセージまで頂きました。ふじみ野市の皆さん、ありがとうございました。

4月27日ボラ宿泊用施設のご提供

4月26日1台、27日1台計2台のボランティア宿泊用施設として、(株)バンテックセールス様より架装前のジル2台をご提供頂きました。当初シャーシに架装した自走車としての提供をお考えとの事で、わざわざ開北小学校までお越し頂きましたが、大震災の影響で、架装シャーシの入荷が遅れているとの事で、現地状況に合わせ、急遽専用の固定枠を製作し、4トンユニック車両で搬入してくれました。佐藤社長、渡邊部長には急遽炊き出しまでお手伝い頂き申し訳ありませんでした。

4月27日シングルバーナー入荷しました。

4月27日炊き出しに使う軽量大火力シングルバーナーが入荷しました。このバーナーは10年ほど前から個人的に炊き出しに使用していましたが、日本での使用に関し法的な不安があったため2008年3月17日埼玉県危機管理防災部化学保安課液化石油ガス担当様に確認し、「屋外使用限定」であれば合法であるとの回答を頂いた物です。その後アメリカ大使館商務部様よりメーカーをご紹介頂き、日本への正式輸入をメーカーと交渉しておりましたが、1ロット数が余りに大きく輸入を躊躇して現在に至っておりました。今回の大震災にて他の炊き出し団体への提供等、大量に使用する必要に迫られ輸入ルートを探しておりましたところ、当法人にご入会頂いたカナダ在住櫛田氏の御陰で、カナダ・ユーコン準州・ホワイトホースJapanese Canadian Association of Yukon の会長様の奥様で、鳥飼妙子さんが緊急輸入にご協力頂ける事となり、campchefや輸送会社の Kuehne + Nagel とは鳥飼さんが現地にて調整を行って頂きました。そしてメーカー、輸送会社、通関業者の皆さんが一日でも早く日本に到着するよう御尽力くださり、多くの皆さんの御陰で最短時間にて緊急輸入する事が出来ました。当法人に入会早々後方支援頂いた櫛田さん、そして被災地のためご協力頂いた鳥飼様始め多くの皆様に心より感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

キャンパーではマニュアルに記載されている平鍋とセットにして、炊き出し活動を行う諸団体に限定し販売させて頂きます。ただ緊急輸入で航空便を使用したため、若干割高になってしまう事をご了解ください。